模擬講義体験

実際の授業に近い形で大学の先生に講義を行っていただきます。
大学の講義の「面白さ」を体験をしてみよう。
★事前申込は不要です。当日会場にて整理券を発行します。
(※タイトル・講義内容は変更となる場合もございます。)

1時限目 11:30~12:15

①工学系統

ものの性質・機能を原子レベルでデザインする
~理論と実験、そしてそれらをつなぐ計算科学の役割~

物質の性質(例えば色や堅さ)や機能(例えば電気を流すと光ったり曲がったりする)は原子の種類と並び方によって決まっています。計算機シミュレーションを使って、原子レベル(ナノスケール)から物質の性質・機能をデザインする研究についてお話しします。

電気通信大学 情報理工学域Ⅲ類(理工系)電子工学プログラム
中村 淳 先生

②農学系統

美味しさと香り~香りの不思議な世界~

普段何気なく口にしている様々な食品。しかし、このように多くの食品を安心して食べられるようになるまでには、祖先から受け継いだ数多くの経験がベースになっています。太古の祖先が様々な体験から獲得した、安全な食品を見極める様々なシグナルが無意識の内にも現代人に脈々と受け継がれていることの不思議さや食品の美味しさに関わる幾つかの要因について身近な食品を題材に実際に様々な香りを嗅ぎながら体験的な講義を行います。

東京農業大学 生物産業学部 食香粧化学科
佐藤 広顕 先生

③国際学系統

グローバル市民のメディア・リテラシー

急速なグローバル化を背景に、人やモノだけでなく、情報も国境や文化の壁を越えて大量に行き交う時代に私たちは生きています。その中で、私たちはあふれる情報をどのように読み解き、それを異文化間の相互理解に役立てていったらよいのでしょうか。今を生きるグローバル市民に求められるメディア・リテラシーについて共に考えてみましょう。

順天堂大学 国際教養学部
坪井 睦子 先生

④観光学系統

楽しい旅のつくりかた
~元・大手旅行会社のツアー企画&添乗員が
コッソリ教える旅レシピ~

家族旅行、友人同士で計画している旅、趣味のひとり旅、修学旅行・・・旅のスタイルは数々ですし、ファッションのようにその時代によってスタイルは違うものです。ところが、共通した「楽しい旅のつくりかた」があるのです。今回は、観光学や観光業界・観光のおシゴト、国際人ってどんな人?などの話も織り交ぜながら「楽しい旅を、つくりたくなる」お時間にしたいと思います。

城西国際大学 観光学部
山本 剛 先生

2時限目 12:40~13:25

①心理学系統

知覚心理学が明かす心のはたらき

ヒトが外界から情報を得るはたらきを「知覚」と言います。このはたらきがなければ,心はなにも感じることはできません。ところが,この知覚のはたらきを調べていくと,私たちは自分の行動の本当の理由を知ることができないのかもしれないと考えざるを得なくなっていきます。私たちのものであるはずの「心」とは,一体どのようなはたらきをしているのでしょうか。

専修大学 人間科学部 心理学科
中沢 仁 先生

②文学系統

映画「オズの魔法使い」の謎

英語で書かれた代表的な児童文学の一つ『オズの魔法使い』は何度か映画化されましたが、ミュージカル仕立てにして1939年に公開されたジュディ・ガーランド主演の作品がもっとも有名です。この作品では、原作の小説と違い、オズの国への探訪を少女ドロシーに見た夢という結末にしています。なぜ原作にない「夢オチ」をこのミュージカル映画は付け加えたのか。オーストリアの精神医学者ジークムント・フロイトの唱えた精神分析の理論が当時アメリカの社会にk有職に浸透しつつあって、大きく影響を与えていたからです。この講義ではミュージカルと精神分析の関係をもとに、映画『オズの魔法使い』の結末の謎を解き明かします。

成蹊大学 文学部 英米文学科
日比野 啓 先生

③体育学系統

発育・発達から考える適切なコーチング

運動の合理的な実践とは、発達の段階や運動の特性に応じて運動を実践するとされています。このことから、適切に個々の発育・発達の段階を理解した上で科学的に運動を実践する必要があります。そこで本講義ではアンダーカテゴリーの指導についてお話します。

國學院大学 人間開発学部
村上 佳司 先生

④理学系統

生物物理学の最前線
~タンパク質をとおして生物のシステムを知る~

生物は現在の科学では作り得ない沢山の高度なシステムの集合体として存在しています。このシステムを理解するためには、システムの主な担い手であるタンパク質の量や性質などを総合的に調べる必要があります。この講義では、当学部で物理学科の学生を対象として開講している講義「生物システム学」の内容をわかりやすくお話いたします。

北里大学 理学部 物理学科
小寺 義男 先生

3時限目 13:50~14:35

①教育学系統

“やる気”について考える

私たちはふだん、何かの課題に対してやる気満々の時もあれば、どうにもやる気が出ない時もあります。この違いはどこから来るのでしょうか?教員免許状を取得するための必修科目の1つである「教育心理学」では、やる気は「動機づけ」と呼ばれ、重要な研究領域の1つとなっています。ここでは、教育心理学の立場から、やる気の心理的メカニズムについて考えてみたいと思います。

文教大学 教育学部 心理教育課程
会沢 信彦 先生

②情報・メディア学系統

情報社会入門

今、大きくメディアの主役がテレビからインターネットに変わろうとしています。みなさんもTwitterやFacebookやニコニコ動画,YouTubeに接する時間のほうがTVを視聴する時間より多いのではないでしょうか。講義では、身近な話題を題材にしながら情報社会の<いま>を考えていきましょう。

明治大学 情報コミュニケーション学部
大黒 岳彦 先生

③食物・栄養学系統

免疫の力は栄養によって変わる

私たちの体は免疫によって守られています。免疫の力が衰えると、癌や感染症がおこります。一方、免疫の力が異常な方向に作用するとアレルギーやリウマチなどの病気につながります。この講義では、免疫の力が栄養とどのように関わるのか、考えてみたいと思います。

日本女子大学 家政学部 食物学科
佐藤 和人 先生

④看護学系統

人と人の〈あいだ〉で生じるケア

看護ケアは、相手の苦しみや困りごとに、関心を向けてかかわっていこうとする〈看護師と相手とのあいだ〉において生まれます。本講義では、この人と人の〈あいだ〉で何が起こっているのかを、看護学生の実習、および臨床看護師の実践を例に挙げて紹介します。この例をもとに、看護の本質を一緒に考えましょう。

首都大学東京 健康福祉学部
西村 ユミ 先生

4時限目 15:00~15:45

①経済学系統

国際マーケティングを楽しく学ぼう
〜東南アジアで日本のテレビを売ろう〜

あなたはベトナムに一人で行き東芝のテレビを売るために社長になりました。何からはじめる?ライバルに負けない方法は?本当にあった事例からマーケティングを分かりやすく楽しく紹介します。自分のアイデアを試そう!

法政大学 経済学部 経済学科
中谷 安男 先生

②語学系統

英語の「なぜ」に答える

今まで、英語の「なぜ」について考えたことがありますか。この講義では、「なぜknifeやknowのkは発音しないのか」、「なぜMr.やMrs.にピリオドがつくのにMissにはつかないのか」、「なぜto+動詞の原形を「不定詞」と言うのか」等、いろいろななぜに答えます。英語教育において、「なぜ?」という疑問をもつ興味深さや大切さを共に考えましょう。

順天堂大学 国際教養学部
吉野 康子 先生

事前申し込みはこちらから

ドリコムフレンズ

DRICOM FRIENDs内の事前申し込みページへアクセス!! DRICOM FRIENDsは事前申し込みだけでなく、資料請求などもできる進学応援サイトです。さまざまな特典もあるので、是非活用してくださいね。

主催

ニッポン放送

協賛

東洋水産株式会社

株式会社 明治

協力

駿台予備学校

企画・運営

株式会社日本ドリコム

お問い合せ

0120-414-686

月~金 9:30~17:30
※祝日を除く・開催当日利用可能

会場案内

東京ドームシティ
プリズムホール

東京ドームシティ プリズムホール

>GoogleMapで見る

  • ● JR総武線
    水道橋駅より徒歩3分
  • ● 東京メトロ丸ノ内線
    後楽園駅より徒歩5分
  • ● 都営地下鉄三田線
    水道橋駅より徒歩5分